2010年06月07日

東国原知事、「何となく予感あった」=鳩山首相退陣表明に地方首長(時事通信)

 鳩山由紀夫首相の退陣表明について、宮崎県の東国原英夫知事は2日、県庁内で記者団に対し、「口蹄(こうてい)疫の件できのうお会いした時に何となくそういう予感はしていた」と語った。鳩山政権が発足後8カ月半で総辞職することについては「首相がコロコロ代わり、政党がコロコロ変わると一番力を持ってくるのが役人。政治主導を掲げる現政権に期待していただけに本当に残念だ」と感想を述べた。
 一方、青森県の三村申吾知事は記者会見で「きのうまでは強い意志を持って続投ということだと思っていたのに非常に唐突」と話した。
 新潟県の泉田裕彦知事は「総理が退陣するとなると、自治体も大変だ。またリセットなのかという思いが残る」と不満を表明。長野県の村井仁知事は「一日も早く政治が国民の信頼を得るような状況になるよう期待したい」と述べた。静岡県の川勝平太知事は「戦略も戦術も拙劣だが、同情を禁じ得ないところがある」と語った。 

【関連ニュース】
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真ニュース〕両院議員総会の鳩山首相
〔写真ニュース〕官邸に入る鳩山首相
〔写真ニュース〕退出する鳩山首相
〔写真ニュース〕鳩山首相と握手する小沢幹事長

口蹄疫 「なぜ今ごろ?」首相現地入りに批判(毎日新聞)
悪質業者取り締まり徹底を=児童ポルノ対策で全国会議―警察庁(時事通信)
国保組合への補助、有識者から「削減・圧縮に向けた努力を」(医療介護CBニュース)
「猫の目」教員免許、先読めず現場困惑(読売新聞)
【明美ちゃん基金 ベトナム医療団】回復順調、戻った笑顔(産経新聞)
posted by フジエ ミツマサ at 14:06| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。