2010年04月21日

<自立支援法訴訟>障害者らと国、和解成立 東京地裁で(毎日新聞)

 福祉サービスを利用する障害者に費用の原則1割負担を課す障害者自立支援法は、憲法で保障された生存権を侵害しているとして、東京都内の障害者ら6人が国に負担廃止などを求めた訴訟は21日、東京地裁(八木一洋裁判長)で和解が成立した。同法を巡る訴訟は全国14地裁で争われたが、13件は既に和解。最初の一斉提訴(08年10月)から約1年半で、計71人が訴えた一連の訴訟は終結した。

 この日の法廷では原告の家平悟さん(38)=板橋区=が意見陳述。「裁判は終わるが、私たち原告は新法づくりに向けた運動を強めていく」と決意を表明した。

 06年に支援法と改正児童福祉法が施行され、障害が重いほど負担が増す「応益負担」が導入されたことに障害者らが反発。09年9月に長妻昭厚生労働相が廃止を表明し、国と原告側は1月、新法制定で基本合意した。

 国は今月から、支援法廃止までの間の措置として、市町村民税非課税の障害者らについて、支援法や児童福祉法による福祉サービスなどを無料化した。

 和解条項は、国が▽速やかに応益負担を廃止し13年8月までに新制度を制定する▽拙速に制度を施行して障害者の尊厳を深く傷つけたことに心から反省の意を表明する−−とした基本合意を確認する内容。【和田武士】

【関連ニュース】
児童福祉法違反:熊本の中学教諭逮捕 生徒にわいせつ行為
福岡性的暴行:英会話学校の米国人経営者を起訴
児童福祉法違反:少女にみだらな行為 容疑で芸能事務所経営者を逮捕 /神奈川
わいせつ:女子中学生に行為、36歳容疑者逮捕 /神奈川
玉名の女子中生わいせつ:「他にも教え子数人に」 逮捕の教諭が供述 /熊本

仕分け第2弾会場、東京・日本橋の貸し会議室(読売新聞)
宮崎県の官製談合、前知事側の控訴棄却(読売新聞)
<神奈川県箱根町>満開のサクラが雪化粧 積雪10センチ(毎日新聞)
【チャイム】東大門670年ぶりに開門 解体修理のため(産経新聞)
男性の復職、なお拒否=免職取り消し判決を無視−阿久根市(時事通信)
posted by フジエ ミツマサ at 14:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。